心と向き合う準備を|自分で気づきにくいからこそうつチェック|自分をよく観察

自分で気づきにくいからこそうつチェック|自分をよく観察

心と向き合う準備を

診察

丁寧な心のケア

咳や鼻水が出たときには「風邪かもしれない」と考えて病院に行くものですが、うつ病を疑ったときにも同じく病院に向かうのがベストな選択です。とはいえ、いきなり病院に行くのも気がひけると思ったり、仕事や育児などで忙しく時間がなかったりすることもあるでしょう。そうした場合には、うつ病チェックを試してみるのも良いかもしれません。こうしたチェックはインターネットで簡単に試せますし、無料のものがほとんどです。さらに言えば個人情報を入力する必要もないため、気軽にできるというのが1番の良さといえるでしょう。自分の状況を知りたい、第三者から見たら自分はどのような状況なのだろうと悩んでいるなら、こうした手軽なチェックテストは強い味方になります。しかし、これにはいくつかの注意点もあるため覚えておきましょう。まず1つはあくまで簡易的なテストなので、医師の診断や正しい結果だと思わず、目安として考えておくという点です。ですから、こうしたテストの結果を参考に「自分はうつ病だ」と言ってしまうのは避け、病院に行くかどうかの指針にし、周囲に相談する時のきっかけ程度にとどめておきましょう。2つめは最初から自分がうつ病だと決めつけないことです、うつと似た症状の病気はいくつもあります。更年期障害やパニック障害など他の病気の可能性もありますから、色々な病気を疑ってテストを受けてみるのも良いかもしれません。もちろん不安になってこうしたテストを試したくなる気持ちは当然ですが、やはり医師の診断を聞くのが1番確実でしょう。少し勇気がいるかも知れませんが病院に行くのが最良ではないでしょうか。自分のことは自分が一番わかっているとよくいいますが、それは時と場合によります。自分ではなんともないと考えていても体や心が悲鳴を上げているというのはよくあることですし、周囲から見れば明らかなのに本人が無理をしていることに気づいてないというのはよくあることです。だからこそ、自分は平気だという自信があってもうつ病チェックを受けたほうが良い、と言えるでしょう。鬱かどうかをチェックするのはそれほど難しいことではありません。もちろん心療内科やメンタルヘルスクリニックなどの専門機関でもテストが受けられますが、ネット上の簡易テストなどでもチェックすることが可能です。会社によっては健康診断の一環としてメンタルヘルスチェックが取り入れられていることもありますから、これを利用してみるのも良いでしょう。うつ病は治療に時間がかかりますし、怪我や風邪のように薬を服用するだけですぐ治るというものではありません。しかし一方で、うつになる前にケアをすることができる、予防することができる病気でもあります。あくまで自分と向き合うきっかけとしてヘルスチェックを取り入れてみるのもよいのではないでしょうか。自分の心の状況を自分で知っておくということはもちろん、鬱の傾向があれば周囲の人に助けを求める、自分の環境を見直すきっかけにもなります。このように、心と向き合うというのは自分のためにも非常に役立つことですから、日常的に取り入れてみてはいかがでしょうか。予防医学の認知度も高くなってきましたが、心の健康診断はまさに自分でできる簡単な予防医学といえるかもしれません。